設立趣意

公益財団法人 八洲環境技術振興財団 設立趣意

 今日のわが国において、目覚しい科学技術の進歩によって新しい産業が次々と創出され、経済の発展に寄与し、国の繁栄と国民の快適な生活をもたらしました。

 しかしその一方で、世界が共通して抱える喫緊の課題として地球温暖化、資源枯渇等が顕在化して参りました。このような地球環境問題に取り組み、安心・安全な社会を発展させるために、科学技術の果たす役割は、ますます大きくなってきております。特に、環境負荷低減、環境保全等の環境技術分野における研究開発に対する重要性は一層高まっております。

 このような情勢に鑑み、また、平成28年に迎える八洲電機株式会社創立70周年の記念事業として、『公益財団法人 八洲環境技術振興財団』を設立いたしました。私たちは、大学等の研究機関に従事する研究者に対し、太陽エネルギー、水力、風力等の再生可能エネルギーやエネルギーの効率利用を一層求めた省エネルギー関連技術等の研究活動への助成事業を行い、環境への負荷を低減し、資源の消費を抑制することに取り組んで参ります。これらにより企業レベルを超えた研究成果の創出と高度な専門性と見識を備えた次世代研究者の育成支援、研究を通じた国際交流の促進等を行い、豊かな社会の実現とわが国の産業発展に貢献して参ります。また、私たちは、これらの事業を通じてわが国の次世代を担う研究者同士が新たなネットワークを構築し連携を図ることで、より大きな研究成果が生まれるものと確信しております。


公益財団法人
八洲環境技術振興財団
理事長 落 合  憲