事業内容

当財団は、環境負荷低減、環境保全等環境技術分野における研究活動への助成事業を行い、企業レベルを超えた研究成果の創出と高度な専門性と見識を備えた次世代研究者の育成支援により、豊かな社会の実現とわが国の産業発展に寄与することを目的としています。
この目的を達成するために次の事業を行っています。

基礎試験研究・調査に対する助成

環境技術分野における基礎的な技術に関する下記の研究課題について
研究に従事しているか、または具体的に研究着手の段階にあり、
2〜3年以内に研究の成果が期待されるものとします。

1.研究課題

(1) 再生可能エネルギー源等に関連する技術開発
(2) クリーン燃料
(3) エネルギーの転換、輸送、貯蔵、利用の高効率化、合理化およびそれらのシステム
(4) エネルギー材料、デバイス
(5) 環境保全、地球温暖化防止、エネルギー利用上の技術
(6) 環境技術マネジメントの基礎研究 等

2.助成内容

原則として、助成件数は毎年15件程度、1件当たりの助成金額は100万円です。

3.助成対象

日本の大学等(高等専門学校を含む)の研究機関に従事する研究者またはグループの代表者とします。

4.応募期間と通知

応募期間は、毎年8月1日〜10月31日の3ヶ月です。
選考結果は毎年2月上旬に文書にて通知します。

5.贈呈

贈呈式を毎年3月上旬に開催します。



国際会議・研究発表会等の参加、およびシンポジウム等の開催助成

環境負荷低減、環境保全等の環境に関する技術の普及・
啓発を目的とした、シンポジウム・講演会等の参加、開催を支援します。

1.助成内容

原則として、助成件数は毎年10件程度、1件当たりの助成金額は最大20万円です。

2.助成対象

日本の大学等(高等専門学校を含む)の研究機関に従事する研究者とします。

3.応募期間と通知

第Ⅰ期 (開催期間:毎年10月1日〜翌3月31日)
応募期間は、毎年4月10日〜6月10日の2ヶ月です。
選考結果は毎年8月下旬に文書にて通知します。
第Ⅱ期 (開催期間:毎年4月1日〜9月30日)
応募期間は、毎年10月10日〜12月10日の2ヶ月です。
選考結果は毎年2月下旬に文書にて通知します。

4.贈呈

会議等の開催時期の1ヶ月以上前に贈呈します。



情報活動

ホームページの運営

当財団に関する情報を掲載し、広く公開しています。