PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、上のロゴからダウンロードしてください。

情報開示方針

基本的な考え方

 当社は、経営の透明性・公正性を重視した経営を行うとともに、公平かつ適時、正確な情報開示を行うことを基本方針としています。

情報開示の基準

 情報の開示にあたっては、金融商品取引法その他諸法令ならびに東京証券取引所の「有価証券上場規程」に定める会社情報の適時開示に関する規定(以下、「適時開示規則」)に従って情報開示を行うとともに、適時開示規則に該当しない場合でも、投資家の方々に当社を理解いただくために重要あるいは有益であると判断した情報につきましては積極的に開示します。

情報開示の方法

 適時開示規則に該当する情報につきましては、東京証券取引所が提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」へ登録し公開した後、速やかに当社ホームページに掲載します。

沈黙期間

 当社は、投資家の方々への公平性を確保するため、各四半期の期末日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間としています。この期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えております。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきたときには、適時開示規則に従い、適宜情報開示を行います。





PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、上のロゴからダウンロードしてください。
ページの先頭へ
事業紹介
プラント事業
 プラントシステム
 鉄鋼システム
産業システム事業
 産業機器・省エネ
 空調・冷凍・冷蔵
 照明
 ITソリューション
社会インフラ事業
 社会・公共システム
 交通システム
電子デバイス・コンポーネント事業
 電子デバイス・コンポーネント
新事業展開