メニューを閉じる
Environmental

環境への取組み

  1. TOP
  2. サステナビリティ
  3. 環境への取組み
  1. TOP
  2. サステナビリティ
  3. 環境への取組み

「地球環境保全」と「持続可能な社会」への貢献を通じて、企業としての社会的責任を果たしてまいります。

環境への取組み

環境マネジメントシステムについて

当社は、環境保全に努めることは事業活動を行う企業として重要な使命であると考え、2001年7月に国際規格であるISO14001を導入し、現在グループ会社5社が加わり活動を行っています。

八洲電機グループはサステナビリティ方針に基づく環境マネジメントシステムを積極的に展開しています。

ISO14001マネジメントシステム登録証 ISO14001付属書
適用規格
ISO14001 : 2015
登録証番号
JQA-EM1677
活動範囲
電気機械器具の販売及びそれらの関連設備のエンジニアリング、調達、製作、施工及び保守、保全サービス
登録日
2001年7月13日
更新日
2022年7月13日
有効期限
2025年7月12日
登録事業所一覧
  • ・本社:
    東京都港区新橋三丁目1番1号
  • ・エンジニアリングセンター:
    東京都港区芝三丁目14番4号
  • ・千葉営業所:
    千葉県千葉市中央区今井一丁目20番1号 
    Y's21ビル5階
  • ・関西支社:
    大阪府大阪市中央区今橋三丁目3番13号 
    ニッセイ淀屋橋イースト4階
  • ・中国支店:
    広島県広島市中区大手町三丁目8番1号 
    大手町中央ビル8階
  • ・岡山支店:
    岡山県倉敷市白楽町249番地5 
    倉敷商工会館3階
  • ・周南営業所:
    山口県周南市本町一丁目3番地 
    大同生命ビル8階
  • ・大分営業所:
    大分県大分市荷揚町3番1号 
    いちご・みらい信金ビル6階
  • ・福岡営業所:
    福岡県福岡市博多区博多駅前一丁目14番16号 
    博多駅前センタービル9階
  • ・八洲ファシリティサービス株式会社:
    本社 東京都荒川区東日暮里三丁目11番17号
  • ・八洲産機システム株式会社:
    本社 東京都港区新橋三丁目1番1号
  • ・八洲制御システム株式会社:
    本社 広島県広島市安佐北区深川八丁目2番37号
    中部事業所 愛知県安城市今池町二丁目1番38号
    板金工場 愛知県安城市東栄町六丁目7番8号
    関西営業所 大阪府大阪市淀川区木川東三丁目4番11号 第一丸善ビル
    関東営業所 東京都港区芝三丁目14番4号
  • ・八洲EIテクノロジー株式会社:
    本社 東京都荒川区東日暮里三丁目11番17号
    中国支店 広島県広島市中区大手町三丁目8番1号 大手町中央ビル9階
  • ・八洲プラント建設株式会社:
    本社 東京都葛飾区立石二丁目7番13号

地球温暖化対策

CO2排出抑制貢献量の目標と実績

2023年度 CO2排出抑制貢献量
610,000トン(目標)

この環境ISOの活動は、お客様に納入する機器製品、システム製品のCO2排出量を基準年(2005年度)に比べ、2023年度は610,000トン抑制するというものです。2022年度の実績は、591,071トン(目標に対して116%)となりました。
2023年度目標達成に向け省エネ製品・システム製品の開発及びご提案等を積極的に推進し、CO2排出抑制の貢献に努めてまいります。

CO2排出抑制貢献量推移(単位:トン/年)2021年度計画:510,000、2021年度実績:496,024、2022年度計画:510,000、2022年度実績:591,071、2023年度計画:610,000、2024年度計画:630,000 ※CO2排出原単位は「環境省」発表の数値を適用 ※年度は毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間

気候変動への対応

TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)に基づく情報開示に関して
次のとおり開示します。

ガバナンス

八洲電機グループは、ISO14001に基づいた環境マネジメントシステムを構築し、グループ全社員参加の環境活動を展開しています。社長は、サステナビリティに関する方針を掲げ、年1回のマネジメントレビューで環境マネジメントシステムの有効性を評価し、当社グループの環境課題に関する実行計画の承認、モニタリング、課題の設定を行い、経営トップコミットメントによるサステナビリティ経営を推進しています。

リスク管理

八洲電機グループは、全社的なリスク管理推進にかかわる課題・対応策を協議・承認する組織としてリスク管理委員会を設置しています。委員会構成メンバーは、社長を委員長とし、関係部門責任者、社外取締役及び主要グループ会社社長で構成されています。
リスク管理委員会において、事業における影響評価の結果などを総合して特定し、全社的なリスク管理推進にかかわる課題・対応策の承認を行い、連結ベースでの評価・モニタリング体制を構築しています。

八洲環境技術振興財団

八洲環境技術振興財団 設立10周年 
約300名の研究者に 総額約2億3千万円を助成

八洲環境技術振興財団は、2013年8月に一般財団法人として設立し、2014年1月に公益財団法人として認定を受け、2023年8月に設立10周年を迎えます。発足以来、大学等の研究機関に従事する環境技術分野における研究者の方々に対して助成事業を行っています。当財団は、次世代研究者の育成支援により、豊かな社会の実現とわが国の産業発展に寄与することを目的としており、これまでに延べ286名の研究者に対して総額2億2,542万円の助成を行いました。
2022年度の研究開発・調査に対する助成については、31件(3,100万円)、国際会議・研究発表会等の参加及びシンポジウム等の助成については、8件(142万円)をそれぞれ贈呈しております。特に、研究開発・調査では、エネルギー問題に対して「水素社会実現の研究」や地球温暖化問題に対して「CO₂を回収する吸収剤の研究」など、世界が直面する共通課題の解決に向けたテーマに取組む研究者を助成し、豊かな未来社会の実現に貢献しています。
八洲電機グループは、持続可能な社会の実現に向けた取組みの中で、今後も、当財団の運営支援をはじめ、地球環境保全活動を積極的に推進してまいります。

当社では、2016年に迎えた創立70周年の記念事業として、『公益財団法人 八洲環境技術振興財団』を設立いたしました。本財団では、大学等の研究者に対して環境技術分野の研究活動への助成を行い、次世代研究者の育成支援を行うことで、豊かな社会の実現と産業発展に貢献してまいります。