先輩社員インタビュー

八洲電機に入社を決めた理由は何ですか?

大学では通信伝送や電磁波関係の電波ロスに関する研究を行っていました。就職活動では学んできた知識を活かすだけではなく、営業といった現場の最前線にも立てるような仕事がしたいと考えていました。そこで当社を知り、日立特約店として総合的な技術を提供でき、更に技術商社として技術者でもお客様に提案できる点が自分の求めていたキャリア像とマッチしていたことから、入社意志が固まりました。

現在の仕事内容を教えてください。

現在、鉄鋼関係のお客様を中心に、設備の提案・設計・建設・保守まで一貫した技術を提供しています。具体的にはクレーンや圧延設備のPLC制御、発電機といった製品を主に取り扱っています。技術者でもお客様とのコミュニケーションは重要で、常にお客様と連携し、ニーズに合っているか確認しながら、工程を進めています。また、提案後の設計に入る前に仕事の工程を決定し、期日厳守をしています。

現在の仕事のやりがいは何ですか?

現在、鉄鋼関係のお客様を中心とした工場の制御装置製作に携わっています。そこで加工された鉄は、車の部品、車両、建物、造船、家電と様々な分野で使われ、国内外問わず提供され、社会の礎になっています。こうした製品を作り出す設備の稼動制御システム開発に携われることは、私の大きなやりがいとなっています。

大学で学んだ知識は仕事に活かせますか?

基本的には入社後に現在の業務に関する知識を学びました。当初は、分からないことばかりでしたが、当社の研修制度の中で、経験豊富な先輩社員に1年間を通じて一から仕事を教えて頂きました。現場では、大学で学んだ知識をそのまま活かせることは多くはありませんが、基本的な理系の知識は仕事に活かせていると思います。

これから就職活動に臨む学生のみなさんに一言をお願いします。

何でも挑戦し、たくさんのことを経験してください。自分がやりたいと考えていても、実際やってみると自分には合わないことが少なからずあります。そのミスマッチを限りなく減らしていくためには、何よりもたくさんの経験をすることが重要です。その経験は就職活動だけでなく人生の財産にもなることなので、何事にも臆せずチャレンジすることを大事にしていってください。

矢倉 弘久さんに一問一答!

Q1.入社して良かったと感じることは何ですか?

自分の可能性を信じて、挑戦させてくれること。

Q2.八洲電機を一言で表すと?

結束力が高い。協力して一つのものを作り上げるとき特に感じます。

Q3.これからの目標・挑戦していきたいことを教えてください。

国内外問わず八洲の技術を広める。