先輩社員インタビュー

八洲電機に入社を決めた理由は何ですか?

交通インフラの発展に携わることができると考えたからです。私が大学で専攻した途上国開発の分野において、商工業や医療サービス等の発展を支える交通インフラの整備は重要なテーマの一つであり、かねてから興味を持っていました。当社が特約店となっている日立製作所は『鉄道トータルソリューション』を手掛け、グローバル展開にも積極的に取り組んでいることから、鉄道業界において高いシェアと信頼を得ており、鉄道の現場と直に関わる仕事ができると思い、入社を決めました。

現在の仕事内容を教えてください。

私が所属している部署は、首都圏の公民鉄各社の鉄道車両、列車運行管理システムならびに、車両や駅設備に電力を供給する受変電設備等の営業を担当しており、列車の安全・安定輸送に寄与すべく、日々営業活動に取り組んでいます。一言に営業と言っても、製品の販売・提案活動だけでなく、受注生産品の納期管理・工事案件の工程管理等、受注から納品・竣工に至るまで全ての業務を担っています。そのため、日頃からメーカー・当社技術部門とコミュニケーションを図り、緊密な協力体制を築くよう努めています。

現在の仕事のやりがいは何ですか?

社内外を含め様々な方々と知り合うことができることです。自分と異なる立場の方、異なった考えを持った方々と接することが、自身の成長に繋がっていると感じます。人を通じて信頼関係を築けば、仕事の幅が広がりますので、人との出会いは大切にしています。また、学生時代から憧れていた公共性の高い交通インフラ整備の仕事に携わり、人々の生活に微力ながら貢献していることも大きなやりがいのひとつです。

仕事を通じてどのように成長できたと思われますか?

自ら考え行動できる人間に成長していると思います。入社当時は、伝票入力・メーカーへの問合せの仕方等、覚えなければならない仕事がたくさんあり、上司や先輩に教えを請いながら、一つ一つの業務を仕上げることに精一杯でした。しかし、今では入社一年目に習得した仕事の基礎に磨きをかけつつ、お客様の現場に足しげく通うことで、お客様に満足頂くために何ができるのかを自ら考え仕事に取組めるようになったと感じます。私の担当は人々の円滑な社会活動を支える鉄道業界であるが故に、常にスピーディな対応が求められます。担当営業として強い責任を持って仕事に取組んでいきたいと思います。

これから就職活動に臨む学生のみなさんに一言をお願いします。

私が就職活動を始めた当初は、自分が仕事をしている姿がなかなかイメージできず、戸惑いました。そもそも、今まで自分が知っている企業というのは、ほんのわずかであることに気がつき、まずは企業と業界を知ることに力を入れました。そして様々な業界、規模の会社に足を運び、理想とする仕事や社会人生活を思い描いていきました。高い理想を掲げ、それに向けて努力することが、納得のいく結果に繋がると思います。みなさんが活躍できることを陰ながら応援しています。

池澤 佑樹さんに一問一答!

Q1.入社して良かったと感じることは何ですか?

尊敬できる先輩・上司に恵まれたことです。近くに模範となる先輩がいることは、仕事に取り組む上でとても心強いです。

Q2.八洲電機を一言で表すと?

社員一人一人の個性を大切にする会社。

Q3.これからの目標・挑戦していきたいことを教えてください。

大型のシステム更新案件を受注し、顧客やメーカーを含め、社内外の関係者との揺るぎない信頼関係を深耕することです。