先輩社員インタビュー

八洲電機に入社を決めた理由は何ですか?

当社は、特約店として日立の製品を提供すると共に、エンジニアリング会社としてお客様に技術提案をすることが出来る会社です。就職活動にあたり、お客様のニーズを満たすプラントやシステムを提案する技術営業の立場で仕事がしたいと考えていたところ、当社を知りました。入社後は営業職・技術職をそれぞれ経験していますが、一つの業界だけでなく様々な業界に携わり、製品知識も技術知識も身につくところに魅力とやりがいを感じています。

現在の仕事内容を教えてください。

現在、官公庁のお客様向けのエンジニアリング部門に所属しており、設備の提案・設計・施工まで一貫した技術を提供しています。具体的には、設備の受変電、発電機といった製品を取り扱っています。当社のエンジニアリング部門は、提案・設計・施工・運転・保守・アフターサービスまで一貫して行い、技術とともにサービスを提供しています。その為、技術者でも常にお客様やメーカ、協力会社と連絡し、工程を進めることが重要です。また、事前書類や工期等、漏れのないように進めることも心掛けています。

現在の仕事のやりがいは何ですか?

私は入社してから4年間自衛隊のお客様向けの営業を担当し、現在は官公庁のお客様向けの技術者として業務にあたっていますが、いずれにしても公共の仕事に携われることは大きなやりがいです。公共関係のお客様は、国の為・人々の為の仕事を担っていますので、厳しいことを言われることも多いですが、それをクリアした時の達成感や、微力ながら人々の暮らしに貢献しているということも、仕事をする上でのモチベーションになっています。

仕事を通じてどのように成長できたと思われますか?

私は、対応力が身についたと感じています。対応力と一言で言っても、「顧客との信頼関係を築く対応力」「メーカを動かす対応力」「社内を調整する対応力」「長期的な計画を立てる対応力」「突発的なことに対する対応力」等様々な場面があり、その中で商社に求められる「人と製品を繋ぐ役割」として成長を感じています。営業で入社し、現在は技術職につき、求められる知識は変わりましたが、「仕事人」としての根本的な部分は変わらないと感じているので、今後も更にスキルアップを目指していきたいです。

これから就職活動に臨む学生のみなさんに一言をお願いします。

業界・業種を絞ることも大事ですが、知らない分野の説明会にも参加する事をお勧めします。 就職活動は様々な業界・業種を知ることができますので、視野を広げて情報を収集してみることで魅力的な企業と思いがけない出会いをすることもあります。
私も技術職=メーカーの先入観がありましたが、就職活動を進める上で、自分に適した仕事を見つけることができたと思っております。皆さんも志望する業界・業種を限定せず、視野を広げて就職活動に望んで下さい。

山口 夏実さんに一問一答!

Q1.入社して良かったと感じることは何ですか?

縦横の繋がりが強く、意見・相談を聞いてくれる人が必ずいること。

Q2.八洲電機を一言で表すと?

幅広い製品・技術をお客様に提供出来る会社。

Q3.これからの目標・挑戦していきたいことを教えてください。

八洲電機が培ってきた人脈・技術をより発展させ、技術商社としての地位を確立させたい。